2016年 6月 の投稿一覧

セミナー

こんちには!衛生士の木寺です

ウォーキングブリーチ

むし歯や外傷のために歯髄(神経)が
死んでしまった歯は、
時間とともに暗褐色に変色してきます。

前歯が1本だけ黒くなっているが、
白くしたい・・・など、
歯髄が死んでしまった歯は、歯の内部が
濃い色に変わるため通常のホワイトニングでは
あまり効果がありません…
そのような場合にウォーキングブリーチ法が
有効です!!

歯の裏に小さく穴をあけ
そこにホワイトニング剤を入れ、
歯の内側から白くしていく方法です✨
個人差がありますが3~5回繰り返して
いくうちに白くなっていきます!

当院でも施術していますので
1本だけ色が気になるな…と悩まれてる方わ
是非ドクターやスタッフに相談してください

歯周病とは

こんにちは\(^o^)/
たかぎ歯科矯正歯科の河原です!
歯周病とは、簡単に言うと歯を支えている土台となる骨がどんどん溶けていってしまう病気です。
{C8A29CCE-5B68-4740-B83E-ED6047130B66:01}

歯周病は虫歯と違い、痛みが出にくいと言われています。まずは、歯周病が進んでいないか?

ご自身の口の中の状態を知っておきましょう。

歯周病の恐ろしいところは、歯を支える骨は一度無くなってしまったら、元には戻らない事です。歯周病が進行する前に、日々、お口の中のお手入れをしっかりすることと、定期的に歯科医院での検診、歯石取りをすることをお勧めします。

歯科医院に行ったのは数年前だな…とお思いの方、歯の痛みがなくても、知らない間に歯周病が進んでいるかもしれません

たかぎ歯科矯正歯科では3ヶ月に1回の定期検診を行っております。是非足を運んではいかがでしょうか??

堺市堺区にあるたかぎ歯科矯正歯科は
2016年4月よりオフィスホワイトニングを
導入致しました。
さまざまなプランを用意しておりますので、気になる方はスタッフにお尋ね下さい。

〒590-0943
堺市堺区車之町東1丁2-28
072-221-2222

妊娠中にかかりやすいトラブル

 妊娠中にかかりやすいトラブル 

  
堺市堺区にあるたかぎ歯科・矯正歯科の
歯科助手近藤です

妊娠すると次にあげるようなトラブルが起こりやすくなります。

1. 歯周病
歯茎から血が出たり、赤く腫れたりしやすくなります。
2. 虫歯
虫歯にかかりやすくなったり、また進行しやすくなります。
3. 口臭
妊娠中は口臭が強くなりがちです。
4.口の中のネバつき
口の中が常にネバネバ不快になりがちです。

これらのトラブルがなぜ起こりやすくなるかというと、次のような理由からだそうです


ひらめき電球女性ホルモンの影響で歯周病になりやすい

ひらめき電球ホルモンの変化により、唾液の性状が変わりネバネバになる

ひらめき電球唾液がネバネバになるため、口の中に汚れが停滞してしまう

ひらめき電球つわりで一度に食事をたくさんとれないため、食事回数が増える

ひらめき電球つわりで歯ブラシがおろそかになる

ひらめき電球免疫力が落ちるため、歯周病にかかりやすい


妊娠すると、普段よりもより念入りなケアをしなければ虫歯や歯周病の危険が高まります。むしろ妊娠中にこそ歯科医院でしっかりとメインテナンスをして、生まれてくるかわいい赤ちゃんを守ってあげましょうねラブラブ


堺市堺区にあるたかぎ歯科矯正歯科は
2016年4月よりオフィスホワイトニングを
導入致しました。
さまざまなプランを用意しておりますので、気になる方はスタッフにお尋ね下さい。

〒590-0943
堺市堺区車之町東1丁2-28
072-221-2222