GW



こんにちは😃

堺市堺区にある歯医者
たかぎ歯科矯正歯科の河原です!

新年度も始まり、学校から歯科検診の紙をもらってくるお子さんが多く来院される時期となりました。

紙をもらう=虫歯!(C)でしたが

来院されるお子さんの紙を見ていると、要観察歯 (CO)がとても増えているように思います。

☆要観察歯(CO)ってなんなの?

視診で虫歯とは判断できないものの、虫歯の初期病変の疑いのある歯をいいます。

(見た目では白濁、茶褐色に変色していたりします。)

虫歯か健全歯かと分けるのであれば、健全歯の扱いとなります。

★健全歯扱いなら歯医者行かなくていいの?

COは健全歯に分けられるのですが、歯面が糖、細菌によって脱灰されたごく初期の虫歯の状態です。

ごく初期の病変の段階では、歯の表面は再石灰化といって唾液中のカルシウムやリンを取り込んで再生する能力を持っています。

この再石灰化を促進するためには、検診、プラークをしっかり除去できる歯磨き、フッ素の適用がとても大切です。

COと書かれた紙をもらってきたら、虫歯じゃないから…と後回しにせず、虫歯にしないために‼️早めに歯科医院で受診して下さい。

本医院でも、必要に応じて歯のお掃除や、歯磨き指導、フッ素塗布などを行なっています。

矯正歯科は
痛くない安心できる歯医者さんです。
また、日本矯正歯科学会認定医が歯並や、 矯正治療についての無料相談を行っております。
た、日本矯正歯科学会認定医が歯並や、 矯正治療についての無料相談を行っております。
〒590-0943

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*