災害時のお知らせ

こんにちは。
堺市堺区にある
たかぎ歯科矯正歯科の歯科助手、近藤 奈摘です。

皆さま、昨日の台風21号は大丈夫でしたでしょうか。
今朝、堺も電柱やお店の看板が倒れていたり、信号が止まっている所があり、恐怖を目の当たりしました。

そして当院も昨日は昼までで閉院し、
停電してる状態で本日も診療をできかねます。

7日以降から通常通り診療いたします。

 

大変ご迷惑おかけして申し訳ございません。

 

災害時のオーラルケアについて

口は肺への入り口です。避難所生活や水不足で口の中を清潔に保つことができないと、高齢の方では誤嚥性(ごえんせい)肺炎がおこりやすくなるので注意が必要です。
阪神淡路大震災では、震災に関連した肺炎で200人以上が亡くなられています。誤嚥性肺炎も多かったのではないか考えられています。

口の中を清潔に保つためには、入れ歯の汚れを落とすことも大切です。食後には、できるだけはずして汚れをとりましょう。
また、夜、寝る時にははずしましょう。

ハブラシがないときのオーラルケア

 

避難所生活などでハブラシがない場合は、食後に30mL程度の水やお茶でしっかりうがいをしましょう。
またハンカチなどを指に巻いて歯を拭い、汚れをとるのも効果があります。

 

だ液をだすことも大切です

だ液には口の中の汚れを洗い出す働きがあります。 水分をできるだけとり、あごの付け根=耳の真下の部分をマッサージしたり温めたりして、だ液を十分に出すよう心がけてください。
ガムをかむこともだ液を出させるよい方法です。

水が少ないときの歯みがき

1. 水・約30mLをコップに準備します。
2. その水でハブラシを濡らしてから口の中へ入れ、歯みがきを開始します。
3. ハブラシが徐々に汚れてきますので、ティッシュペーパー(あればウエットティッシュ)でハブラシの汚れをできるだけ拭き取り、また歯みがき、これを小まめに繰り返します。
4. 最後にコップの水で2~3回すすぎます。
5. 一気に含むのではなく、2~3回に分ける方がきれいになります。

また液体ハミガキも大変効果的です。
液体なのでお口のすみずみにまで広がり、万一の災害時のオーラルケアにも大きな効果が期待できます。

もしもの時に知っておいても良いかもしれません。

 

堺市堺区にあるたかぎ歯科矯正歯科は
痛くない安心できる歯医者さんです。
また、日本矯正歯科学会認定医が歯並や、 矯正治療についての無料相談を行っております。
た、日本矯正歯科学会認定医が歯並や、 矯正治療についての無料相談を行っております。
〒590-0943
堺市堺区車之町東1丁2-28
072-221-2222
たかぎ歯科・矯正歯科

 

SNSでもご購読できます。