日本三景 天橋立

こんにちは、衛生士の吉田です。
このブログは医院のみんなで順番に書いていますが、私の番が回ってきました~。
皆さんそうだと思いますが、いつも書く前に何を書こうか、ネタ探しをします。
今、読んでいるマンガの話にしようか、それともゴールデンウィークの話にしようか、なんていろいろ考えていたのですが、前回、宮島に行った時のことを書いたのを思い出し、4月末にいった日本三景の一つである天橋立に行った時のことを書こうと決めました。
皆さんご存知だと思いますが、日本三景とは日本の名勝地(めいしょう=景色の良い所)の事で広島の宮島、世界遺産でもある厳島神社でも有名ですね。そして今回訪れた京都にある天橋立、あとひとつは、宮城県にある松島です。
前回に続き日本三景碑の前で写真を撮りました。

表情がなんか変ですが、まあ気にしないで下さい(-_-;)
服装で、わかるように今回は主人のバイクの後ろにのっていきました。
天気は全く問題なかったのですが、当たり前なのですが大阪から行くと山を越えないと日本海には着きません。
途中の道でトンネルを何回も通るのですが、バイクですと、トンネルの中はまるで、冷蔵庫で大きな扇風機の風の強を浴びるようなものです。つまり極寒でした。もっと着込むべきでした。
まあともあれ無事について、これぞ日本三景たる由縁と、絶景に目を奪われました。

今回は時間がなくて、展望台にのぼらなかったのですが、あとで調べてみたら股のぞきをしたり、開運の瓦投げをするところや願いの鐘など楽しめそうなところがありそうです。
今回は天橋立を行きはレンタルサイクルで帰りはモーターボートで行って帰ってくるコースで楽しみました。
外国人の方が松林のベンチで寝そべって読書をしているのが印象的でした。きれいな景色をゆったりと楽しむ時間も必要だなと改めて感じた一日でした。
あと残り一つ、松島へは、いつ行けるか今のところは予定はないですが、今度はゆっくりと過ごしたいと思いました。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*