2019年 11月 の投稿一覧

もうすぐ12月ですね❤︎

こんにちは✩⡱

堺市堺区にある歯医者 たかぎ歯科・矯正歯科の歯科助手 青沼です☺︎

先日、有給休暇を頂いてサッカーの日本代表戦を観てきました⚽️❤️

試合は負けてしまいましたが、個人的には久しぶりの観戦でしたのでとても楽しかったです(*´ω`*)❤︎

ここで私の癖の話なんですが、サッカー観戦のときなど、集中すると口が開いてしまう癖があります( i _ i )

皆さんは普段からお口を閉じるように意識していますか?

知らず知らずのうちに口呼吸になっているかも!

今回は口呼吸のデメリットについてお話しします。

● 風邪を引きやすくなる(ウィルス感染しやすくなる)
鼻の穴の中に生えている細かい毛や粘膜は、空気中を浮遊しているウィルスや病原菌、アレルギー物質をカットしてくれる、言わば天然のフィルターです。ところが、口呼吸をするとこれらのウィルスなどがダイレクトに気管に入ってくるため、風邪を引きやすくなったり、感染症にかかりやすくなったりします。

● 虫歯、歯周病、口臭の原因になる
人間の唾液には「リゾチーム」という酵素の一種が豊富に含まれていて、これが口の中のばい菌の繁殖を抑え込んでいます。口呼吸をすることによって唾液が乾燥し、リゾチームの働きが悪くなって虫歯や歯周病、口臭などお口のトラブルを起こしやすくなります。

● 酸素の摂取量が落ちる
口呼吸は鼻呼吸に比べて酸素の摂取量が少なくなります。脳に十分な酸素が供給されず集中力が低下し、代謝も落ちます。代謝が落ちると痩せにくくなるため、ダイエットにも悪影響を及ぼします。

● 顔の筋肉が劣化する
口をいつも開けていると顔の筋肉が劣化して筋肉がたるむだけでなく、前歯が押し出されて歯並びも悪くなる可能性もあります。特に小さいお子さんは将来の顔の表情に大きな悪影響があるため、早めに直してあげましょう。

● 睡眠時無呼吸症候群の引き金になる
口をあけて寝ていると舌が後方に落ち込んで気道をふさぎ、睡眠時無呼吸症候群を引き起こすおそれがあります。

 

口呼吸にはこんなにデメリットがあるのです(´•̥ω•̥`)なんと虫歯や歯周病の原因にもなってしまうんですね(´・_・`)

これからの季節、風邪やインフルエンザも流行しますので特に気をつけたいですね⌓̈⃝✸ ༘

ご自身が口呼吸になっていないか、今一度確認されてみてはいかがでしょうか♥︎◟⌣̈⃝◞♥︎

 

 

堺市堺区にあるたかぎ歯科矯正歯科は痛くない安心できる歯医者さんです。
また、日本矯正歯科学会認定医が歯並びや矯正治療についての無料相談を行っております。

〒590-0943
堺市堺区車之町東1丁2-28
TEL   072-221-2222

実は怖い歯ぎしりくいしばり

こんちにちは😊

堺市堺区にある歯医者 たかぎ歯科・矯正歯科の
歯科衛生士吉村です。

 

早いもので今年も残すところあと1ヶ月半ですね〜!

先週、お休みをもらって静岡の熱海旅行に行ってきました🚅

 

 

 

ご飯も美味しく露天風呂からの景色が

最高でとってもリフレッシュできました😊✨

 

 

さて話は変わりますが、毎朝水道水の冷たさに冬を感じますよね😭
冷たい水でブクブクうがいをしていると歯がしみることありませんか?
しみる原因は様々ですが代表的なものの1つが「知覚過敏」です。
ひどくなると瞬間的に鋭い痛みを感じるやっかいな症状なのです。
しみる症状に悩まされている方が最近多くなってきています。
では、なぜ知覚過敏になってしまったのか・・?原因は・・?

vol.2 歯ぎしり、くいしばり

■原因は「歯ぎしり、くいしばり」

噛み合わせの悪さやストレスが原因で「歯ぎしり、くいしばり」は起こります。
自覚のない方も多く、たかが歯ぎしり・・と思われる方も少なくはありません。
しかし、人が物を噛むときにかかる圧力は
* せんべい 10キロ
* フランスパン 30キロ
* 歯ぎしり 60~80キロ
と、「歯ぎしり、くいしばり」でいかに強く圧力がかかっているかがわかりますね。
しかも、食事で物を噛んでいる時間はせいぜい10分~20分でしょうが「歯ぎしり、くいしばり」は無意識の間で何時間も続くこともあるのです。

■多くの場合、自覚はありません

これだけ強い力で何時間も噛みしめているのですから「歯が割れる」「歯がグラつく」などが起こっても不思議ではありませんね。あごの関節を痛めてしまう場合もあります。
中には「私は歯ぎしりなんてしないし、人に指摘されたこともない」とおっしゃる方、「口をあけて寝てしまうので、くいしばることはありえない」とおっしゃる方もいますが歯医者の先生は口の中や骨格を見ればすぐにわかるものなのです。
それでも信じられない方、「歯ぎしり、くいしばり」の自己チェックをご紹介いたします。

■チェックしてみましょう

チェックしてみましょう

  • 上あごの中央や下あごの内側に骨の隆起がある
  • 上下の歯の噛む面が平らになっている
  • 歯の外側、歯肉との境目あたりの歯質が削れている
  • ほっぺの内側、歯に接するあたりが白くなっている
  • 舌のふちに歯形がついている
  • あごのエラの部分の筋肉が張っている
  • あごの関節が痛い、あごの筋肉痛、肩こりがある

もちろん、「歯ぎしり、くいしばり」をしていても困った症状が出ない方もいます。
しかし、軽視しているととんでもないしっぺ返しをくらう可能性もあります。
気になる方はどうぞご相談くださいね。

 

堺市堺区にあるたかぎ歯科矯正歯科は痛くない安心できる歯医者さんです。
また、日本矯正歯科学会認定医が歯並びや矯正治療についての無料相談を行っております。

 

〒590-0943
堺市堺区車之町東1丁2-28
TEL   072-221-2222

寒い日が続いてますね

こんにちは😌

堺市堺区にある

たかぎ歯科矯正歯科の歯科助手、近藤 奈摘です。

秋はもうおわったのかな?と思うぐらい

最近寒い気温ですよね❄︎

私はさっそく今年もUNIQLOのウルトラライトダウン着始めました笑

季節の変わり目には風邪予防しっかりして体調管理してくださいね!😣

 

そんな私は先月、姉と親戚でグアムへ行ってきました!

日本から約3時間で行けて四季はないので年中夏を味わえます✈

海に入ったりステーキ食べたり、ショッピングしたり、、、、楽しい4日間でした❤︎

 

夕焼けはいつ見ても素敵です

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

離島のココス島🌴

 

また行きたいなと思います

海外旅行も気軽に有給休暇を使っていけるたかぎ歯科は働きやすい職場だなと改めて感じました

また頑張らないとな〜✊✊

 

今日は簡単に虫歯予防できる商品紹介です✨

【キシリトールガム】シュガーレス    歯科専用 

アップルミント味マスカット味🍇🍎

皆さん、キシリトールについて知っていますか?

糖アルコールのなかでも甘く、砂糖と同じ甘味度を持っています。キシリトールは溶ける時に熱を奪うので口に含むとスーッと冷たい感覚になりますよね

そして、糖アルコールはむし歯の原因になりません。

お口の中で溶かすほどの酸を作らないからです!

甘味があるので唾液も出やすくしてくれます。

キシリトールをガムやタブレットの形で一定期間以上口の中に入れると、むし歯の原因となる歯垢が付きにくくなるだけでなく、歯の再石灰化を促し、歯を固くします。さらに、キシリトールには、むし歯の大きな原因であるミュータンス菌の活動を弱める働きも持っています。

このような働きは、他の甘味料には見られない、キシリトールだけの効果です✨

知らないでガムを食べるより

少しでもキシリトールのこと知って

食べて頂いたほうが効果は確実ですね

最後に注意ポイントです⚠️

市販で売っているガムやタブレットにもキシリトール量は歯科専用と変わります。シュガーレスのものやキシリトール濃度が多く含まれいる製品をお勧めします

あとガムの食べ過ぎにも注意してくださいね!

 

堺市堺区にあるたかぎ歯科矯正歯科は

痛くない安心できる歯医者さんです。

また、日本矯正歯科学会認定医が歯並や、 矯正治療についての無料相談を行っております。

た、日本矯正歯科学会認定医が歯並や、 矯正治療についての無料相談を行っております。

〒590-0943

堺市堺区車之町東1丁2-28

072-221-2222

たかぎ歯科・矯正歯科